top of page
FLO32024.jpg
FAQ
よくある質問

フェアトレードやエシカル消費についての用語をまとめました。

  • フェアトレードの歴史はどのように始まりましたか?
    フェアトレードの概念は、1950年代にヨーロッパで始まりましたが、現代のフェアトレード運動は1980年代に本格化しました。最初はコーヒー産業に焦点を当てていましたが、現在ではさまざまな製品がフェアトレードの対象となっています。
  • フェアトレードタウンとは?
    フェアトレードタウンとは、市民、行政、企業、小売店、学校など街全体でフェアトレードを推進する市町村のことです。 フェアトレードタウンを宣言するには、特定の基準を満たす必要があります。これには、地域内でフェアトレード製品の入手が容易であること、地域内の様々な団体や機関がフェアトレードを支援していること、フェアトレードの理念を普及させるための啓発活動が行われていることなどが含まれます。 フェアトレードタウンの主な活動は以下のとおりです。 フェアトレード製品の購入・販売促進 フェアトレードに関する啓発活動 フェアトレードイベントの開催 フェアトレードに関する政策提言 フェアトレードタウンになるためには、以下の6つの基準を満たす必要があります。 推進組織の設立と支持層の拡大 運動の展開と市民の啓発 地域社会への浸透 地域活性化への貢献 地域の店(商業施設)によるフェアトレード産品の幅広い提供 自治体によるフェアトレードの支持と普及
  • フェアトレードタウンのメリットは?
    フェアトレードタウンになることで、以下のメリットが期待できます。 地域経済の活性化: フェアトレード製品の購入を通じて、地域の商店や企業の売り上げが向上する。 市民の意識改革: フェアトレードに関する活動を通じて、市民の倫理的な意識が高まる。 国際貢献: フェアトレード製品の購入を通じて、発展途上国の生産者の生活を改善することができます。 地域のブランド化: フェアトレードタウンとして認定されることで、地域のブランドイメージが向上する。 フェアトレードタウンは、持続可能な社会の実現を目指す自治体にとって、重要な取り組みの一つです。 今後、さらに多くの自治体がフェアトレードタウンを目指すことが期待されます。
  • フェアトレード製品を買うと、どのようなメリットがありますか?
    フェアトレード製品を買うことで、発展途上国の生産者の生活を改善することができます。具体的には、以下のことが期待できます。 安定した収入 フェアトレード最低価格制度により、生産者は市場価格の変動に左右されずに安定した収入を得ることができます。 児童労働の撲滅 フェアトレード認証を受けるためには、児童労働を禁止する必要があります。 教育や医療へのアクセス フェアトレードプレミアムと呼ばれる追加収入は、生産者コミュニティの教育や医療などの改善に役立てられます。 環境保護 フェアトレード認証を受けるためには、持続可能な農業や生産方法を採用する必要があります。
  • フェアトレード製品の一般的な例は何ですか?
    フェアトレード認証を受けた原料で作られた製品です。コーヒー、チョコレート、ティー、バナナ、綿などの農産物が一般的なフェアトレード製品です。また、工芸品や衣料品もフェアトレードの基準に適合した製品があります。フェアトレード認証を受けるためには、国際フェアトレード機関の定める基準を満たす必要があります。
  • エシカル消費の具体例は?
    フェアトレード製品の購入 発展途上国の生産者に適正な価格で取引し、彼らの生活を改善する仕組みであるフェアトレードの認証を受けた製品を購入する。 オーガニック製品の購入 化学農薬や化学肥料を極力使用せずに栽培・加工されたオーガニック製品を購入する。 地産地消 地域で生産された食材や製品を購入することで、地域の活性化に貢献する。 リサイクル品の購入 使用済み製品をリサイクルした製品を購入することで、資源の節約に貢献する。 環境に配慮した商品の購入 省エネ家電やエコ洗剤など、環境への負荷が少ない商品を購入する。 動物福祉に配慮した商品の購入 動物実験を行っていない化粧品や、放牧飼育された動物の肉製品などを購入する。 労働環境に配慮した商品の購入 児童労働や強制労働を行っていない企業の製品を購入する。 寄付 環境保護団体や人権団体などに寄付をする。 ボランティア活動 環境保護活動や貧困問題支援活動などにボランティアとして参加する。
  • フェアトレードとは?
    フェアトレードは、開発途上国の農民や労働者に公正な取引条件を提供し、持続可能な生活を支援するための取り組みです。これは、彼らが適正な価格で製品を販売し、人間の尊厳を尊重しながら労働する機会を提供することを目指しています。
  • フェアトレードの主な目的は何ですか?
    フェアトレードの主な目的は、開発途上国の生産者や労働者に経済的な安定と自立をもたらし、彼らの生活条件を改善することです。また、公正な取引と持続可能な開発を促進し、グローバルな市場の不平等を緩和することも目指しています。
  • エシカル消費を始める際のポイントは?
    自分にできることから始める 最初から完璧を目指す必要はありません。まずは、できることから始めてみましょう。 情報収集 エシカル消費に関する情報を収集し、自分に合った消費方法を見つける。 継続する エシカル消費は、継続することで効果を発揮します。無理なく続けられる方法を見つけることが大切です。
  • エシカル消費とは?
    エシカル消費とは、「倫理的消費」という意味です。つまり、自分の利益だけでなく、環境や社会、人権などに配慮した消費活動のことを指します。 近年、地球温暖化や貧困問題など、様々な社会課題が深刻化しており、持続可能な社会の実現に向けた取り組みが求められています。 エシカル消費は、こうした課題解決に貢献する消費活動として注目されています。
  • フェアトレード認証の基準にはどのようなものがありますか?
    フェアトレード認証の基準は、大きく分けて以下の3つがあります。 経済基準: 生産者に最低価格を保証し、児童労働や強制労働を禁止するなど、労働環境の改善を義務づける。 社会基準: 地域社会の開発や環境保護への取り組みを促進する。 環境基準: 持続可能な農業や生産方法を推進する。
  • サステナビリティとは?
    サステナビリティ(sustainability)とは、「持続可能性」という意味を持ちます。世界には、 いまだ貧困や飢餓、児童労働・強制労働といった人権侵害、地球温暖化による気候変動など、深刻な課題が横たわっています。 将来にわたり、人や地球環境を犠牲にすることなく、持続可能な暮らしを実現するため、世界的にサステナビリティへの取組みが求められています。 2015年9月、国連サミットで、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、 「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。アジェンダは、人間、 地球及び繁栄のための行動計画として、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、2015年から2030年までに 達成する目標として、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals(略称SDGs)」を掲げました。
bottom of page